altered-states’s blog(@zapabob)

線維筋痛症闘病生活と微笑ましい日常をアップします

残暑見舞い申し上げ奉りもうす

皆様いつもありがとうございます。

alteredstatesです。

レポートは出来たもののあと4単位と半年の期間が必要なため学位授与機構による理学士は後回し。必ず取ります!

今後は放送大学本科生としてコツコツ編入学で心理系コースにて今後5年間近くかけてやっていきます。心理、福祉の国家資格を背中に背負った発達障害ピアサポーターになるキャリアプランのために、そして一定の収入を得て無事に嫁さんと正式に入籍できるようにとりあえずは来年度以降の登録販売者試験の合格を目指していきます。

 

フェニバット、リリカの断薬後も心身共に不調が続きひょんなことから(顕微鏡キットによる自己検査で)不妊体質かもしれないと思ったので

 

その原因(染色体異常かホルモン異常)を泌尿器科で検査してもらい第1種医薬品である男性ホルモンクリームを陰嚢へ塗布を開始した所落ち込んでいた気分の持ち上げや筋量増加、基礎代謝の上昇、関節周りの痛みの緩和、不眠症の改善、病的性欲亢進からの開放(☆=コンサータの副作用の緩和)、精巣の大きさが程よくなるなどの男性更年期の改善が見られました。

血液検査の所見では血中テストステロンが国際基準におけるテストステロン補充療法適応となりますが、国内の基準である遊離テストステロンとの同時算定はレセプトで出来ないためしばらくはOTC薬での補充が続きそうです。

懸濁化したテストステロン製剤による補充も可能ですが今後挙児希望の場合補充療法をあまり長く続けると精巣萎縮があるためHCGによる精子作成の維持が求められます。

 

さて、コンサータ、ビバンセ等の中枢神経刺激薬の取り扱いが更に厳しくなるようです。登録医である医師が他人への診断を理由にして自己利用していたというなんとも悲しい出来事により、コンサータもビバンセのシステム同様にIDカードによる患者の不正流通阻止と登録薬剤師による調剤←登録医の再教育を2019 12/1よりスタート

現行の登録医制度でのコンサータ処方は来年春には終わり服用患者とかかりつけの医師の処方箋の紐付けが行われることになります。※おそらくヤンセンファーマのページにも載らなくなるかも…()

この制度を踏襲した形でビバンセはさらに尿検査や血液検査などによる濃度測定など乱用ポテンシャルと服薬アドヒアランスの問題から未だに1例も未だ処方に至っていないようです。

役所(麻薬監視課と医薬品及び司法当局)側がアンフェタミン製剤の法的扱いに困ってますね…

尿検査ではアンフェタミンが出てしまうため、誤認逮捕やメタンフェタミン使用の隠蔽に使われるとビバンセが厄介なはず。

コンサータリタリン

横流しTwitter等の監視をとっくにはじめているので買った方も売った方も捌かれますね。

いっそアンフェタミンを向麻法の麻薬にして日本薬局方に乗せれば楽なんでは…()

( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー!!!!

提出用レポートの完成

ついに完成したぞ~ (レビュー待ち

皆様お久しぶりですaltered_statesです.

今年の梅雨はなかなかの寒空のようですね.半袖一枚では寒く着るとあつい微妙な気候

なかなか進捗状況が牛歩でしたがようやっと自分なりの校正等を終えてPDFに落とし込みました.今後嫁さんにお願いして論文の指導教官としてレビューされる予定です

(8/1~9月初頭  15×5(部)目次 要旨を添えるため 願書の中に合わせて5部査読閲覧に使われるだろうぶんを添えての提出です.

これからは神楽坂での単位修得証明書や地元の住民票を揃えたり写真を取ったり地味に忙しいですね.

 

線維筋痛症も痛みが弱くはなったものの未だにワントラムなしでは過ごせません.

リリカもひりつく痛みや焼けるような痛みによく効いていましたがコンサータとリリカでコンボ技にかかりあやうく依存しかけリリカの身体離脱で体重がガクンとさがり.抑うつせん妄が激しい3日を過ごしたら飲まなくても大丈夫になったので服用を中止して

完全にリリカとフェニバットの断薬に成功しました.

 

フェニバットとリリカの合わせ技で倒れた記憶のないまま意識を失ったりしました…

フェニバットはまだ飲みたいなぁと思いますがリリカは太るしもういいや!って感じです.

リリカ断薬してからはおおよその食事によるエネルギーの収支が正しく見積もりどおりになり代謝の低下をリリカが起こすため体重の増加が見られるのでは…とおもいます.

 コンサータも依然波が荒いですが今日までなんとか書いてこれたのもさまさまですw

性欲に顕著に副作用が出やすいタイプなので,コンサータの効果を高めるために亜鉛を飲むといいと英語版ウィキペディアドーパミンのところに書いてあったので試したら完全に効果を高めすぎてパキパキに雁木まりになってまうやんけ!って落ちです

ただ一度賢者にさえなればあとは集中力が持続するのでそれまでは簡便な!みたいなのり

嫌いじゃないです.

提出したレポートを元に小論文形式による試験が行われるためレポートか小論文でとちったらアウト.

レポートが学士(理学)水準以下だと小論文でゲシゲシに問題作られて落とされるようです.

かえって基準を満たしシンプルかつ理論だってるときほど核心をつく出題をされるようでして

これからレポートの記事にそってまとめノート作成や酵素,蛋白との反応の流れを覚えるのです.

 

タリージェ ミロガバリンの精神的な副作用?(多幸感,陶酔感)の報告がまだ上がってこないですが

力価も10倍なので欧米で承認されれば同様にスケジュールⅣの新たなガバペンチノイドの登場ですね 構造式から活性相関を見出す暇がなくてまだやれてないですが…

生物学的等価な環を使ってるのでより選択的なリガンドとして働くだけでGABAには全く影響しないのかも…

 

phenibutの雑感

 

 

 

どうもzapabobです。

phenibutを布教しても皆さん眠いとベンゾと変わらんと仰っていますが、これはサプリメントとして売られているのが不思議なくらいです。

コンサータや海外ではアデロール、ビバンセ、2CB、LSD、MDMAなどとGHBが最高の媚薬と言われておりますが(r/sexanddrug r/drug参照

GABA誘導体(GHB GBL ピカモール)は人によってはアルコールと同じ機序での脱抑制がかかり多幸感、性欲亢進、歩行障害、二日酔いをうながすのですが、同様にphenibutはドーズのコンボ(アルコールやベンゾは禁忌)によってはGHBに似た性欲亢進が起こるようです。

 

また論文によればGABA誘導体の光学活性がVDCCへの結合能を高めているようです。

VDCC‪のサブユニットへの結合はキラルがSの方が圧倒的に高いためそこに着眼してプレガバリンは創薬されたっぽいですね。

しかしながら全くGABAに結合しないと言われながらも多幸感、陶酔感、身体離脱症状がでるのは光学反転、もしくはラセミ化が体内で起こりやすいのでは…と思います。

GABAはアミノ酸として最終的にコハク酸となって体内のクエン酸回路に入ります。

詳しくは生化学等の専門書に譲りますが、代謝回転(体重増加)に係わってくるのもこの辺りにヒントがあるのでは…と思います

タリージェもといミロガバリンも作用機序は同じで副作用の発現率がそこまで変わらないことからどのように中枢神経系の副作用が現れるのか、今後注目していきたいです。

全般性不安障害双極性障害にも抗てんかん薬としてのリリカは著効しますから今後日本でも今後ベンゾジアゼピンに代わり適応が広がるのではと思います。

 

phenibutは人を選ぶドラッグであり、アルコールとの併用は直ちに死に繋がること、依存性が高いことをここに報告します。

意識消失、渇望感などの体験を踏まえて警告いたします。

半年ぶりの記事です。

どうもご無沙汰しております。

痛みの方は落ち着いてきたのですが、リリカの思わぬ副作用に悩まされています。

体重増加と中枢神経系への作用です。

海外のフォーラム(Reddit Drug-forum Bluelight等)

を見ているうちに一日の摂取量が2,000mgを超えて使用してしまうなどの嗜癖が出ました。

何とか自己離脱出来たから良かったですが…()

体重減少も頑張ってはいるのですがなかなか…

 

季節は初夏の陽気とは思えぬ暑さで、体力のある限りは生化学の分厚い専門書を読み進めながらの論文作成です。

やはりストラテラの副作用なのか retrograde ejaculation を起こすことが多く何ともいえない気持ちに毎回なりますね…(直前直後に痛みを伴うために)

コンサータも鎮静効果が現れて落ち着いて作業をこなせます。眠気に襲われるほどの鎮静ですがこれもまた本来の薬理作用なのですね…()

 

フェニバットを購入してみました。

届き次第レポートしたいと思います!

(・ω・)/アデュー☆

冬の寒さは身に染みて身体が痛い… リリカの継続服用開始

皆様お久しぶりです。altered_statesこと @zapabob です。

季節は巡りとうとう厳冬になりました。

今年はエルニーニョの影響で暖冬だとは言われますがこの気温、気候の変化に伴う気圧変化などなどで思うような日常生活を送るのに困難を来たしています。

 

リリカ®を1日450mg服用していますが、75mgカプセルからの服薬中々重力の方向が変わったかのような目眩、躁転、閉眼時幻覚等飲み始めの副作用は何とか克服しました。

 

鎮痛作用は抜群で、

焼け付くような痛み、ひりつくようななんとも言えない痛みにはよく効きます。

長年の問題であった肩のコリもほぐれ、筋弛緩作用もあるのではといわんばかりです。

 

依然として服薬後の傾眠はコンサータ72mg/dayを服用していても起きるため中々キツいものがあります。

勿論リリカの副作用の中の1つ、体重増加と低血糖が頻発しています。

ちょっと気を抜いて服用前と同じくらいの気持ちで食べたら、食べた分より増える始末…

リリカの副作用に膵ラ島のβ細胞刺激に伴うインスリン分泌が考えられるとの記載を見つけました。

https://www.min-iren.gr.jp/?p=25214

民医連副作用モニターより

 

食べなきゃ食べないで低血糖、食べたら食べた分だけ栄養として蓄えられる…

糖尿病が寛解したとはいえまた再発や、糖質コントロールの失敗によるインスリン療法になると厄介ですね…

低血糖の眠気も知っているだけに慎重な糖分コントロールが体重を落とすために必要だと思われます。

現在72キロ(ここ2ヶ月でいきなり増加、62〜67で推移していた)

まずは5キロ落とすのに頑張ろうと思います。

 

多分今年内のブログ更新は最後になるかと思いますので、ここまで読んで頂いた皆様良いお年をお過ごしください。

 

Altered_states こと @zapabob

 

ノイロトロピン4U/day服薬とリリカ再開

どうも皆さんこんばんは!

コンサータも最大量まで処方を受けていますが飲むと眠くなったりパソコンに過集中してしまう癖がついてしまうのでなんとか日常生活に役立つよう工夫したいものです。ストラテラは80に減薬すると途端に効果が感じられなくなってしまったので集中力とタスク強化の作用がコンサータでは感じられないって事が分かりました。

コンサータは不注意からくるミスを確認出来るだけの余裕をもてるのと落ち着いて行動出来る効果を感じました。(多動、衝動性を抑制する薬としては確かに正しい効果です)

また、ノイロトロピンの他にリリカを1日150mg/dayでスタートしました。

めまいや眠気、複視、不眠などの副作用が強いですが線維筋痛症の痛みを服用し始めてから大分抑えられている印象です。

ただ300mgから600mgが治療有効域なのでリリカを飲むということはかなり日常生活に支障をきたすのではと懸念を抱いています。

 

それでは皆様、アデュー!

糖尿病の寛解 コンサータ、サインバルタ(線維筋痛症)服用雑感

今年の夏は酷暑極まりない平成どころか史上初の熱波となってますね。

 

いつもご無沙汰しております。altered_statesです。

コンサータ服用もそろそろ1ヶ月に差し掛かり、2ヶ月に1度の内科、整形外科での糖尿病、慢性疼痛(線維筋痛症)への受診を終えました。

内科では血液検査、尿検査により糖尿病のインスリン及びと薬物療法を終えHbA1cが4.7で推移していることからあとは経過観察のみとなりました。

整形外科は相変わらず実質投薬のみと相変わらずです。

 

さて、コンサータですが18mgだと却って眠気を感じつつも眠れない。めんどくさいことをこなせるスイッチにはなります。

一般的にはストラテラとの併用は慎重投与とされていますが併用することで妙な方向への過集中も防ぎつつ分かってはいるけど手が付かないことをスムーズにできるように感じます。

どちらか片方だけではイマイチ噛み合わないようなタイプらしく今後も休薬日などを設けながら脳への負荷がかかり過ぎないように栄養面でも気を配っていきたいです。ビタミンCとチロシン取ろう!

 

サインバルタですが朝服用の指示通り飲むと相互作用でセロトニン過剰になるようで(ストラテラ、トラマドールを分解するCYP2D6を競合阻害する能力がサインバルタにはある)

眠前に服用すると大分寝起き、午前中の疼痛が緩和されて楽に過ごせますね…

午後ともなると流石に痛みだしてきますが…

 

それでは皆様熱中症にはお気をつけて!

アデュー!