就労移行支援通所開始!他者と上手くやっていくのは疲れる…

どうも、お久しぶりです。altered_statesです。

最近就労移行支援に通いはじめました。結構ふんわりした感じで、資格の勉強に一生懸命午前取り組み、午後はWRAPに取り組んだり、また勉強したりと家から離れて過ごす時間は改めて今、重要な心の支えになっています。

資格といっても学士号の習得が目標なので中々高難易度であるので、簿記とかFPを勉強していらっしゃる方の周りで論文読んだり、微積やるのはちょっと浮いてないかどうか心配になってきます。

WRAPも他者との関わり方の書き出しが多く中々発達障害の当事者からすると共感だとかそういうものに理屈ではわかるけれど感覚としてピンと来ない、しっくり来ない部分を感じます。ただわかりやすくルールを教えてくださる方やよくしてくださる方が多くゆったりと1日を意義ある時間として過ごせているのでストレス緩和が出来て多少は筋痛の痛みも紛れます。ただ普段使わない気回しが結構負担にならないようセルフケアを十分にして行きたいですね。

ガチガチした四角四面の就労移行支援だったらもうやめてしまっていたかもしれません。

それではまた!

余談ですが、微積線形代数は理工学の基礎言語ですから学部一年時と同様に抜かりなくやるべきですね。

レポートの題材に仮想実験系として計算化学を使うことを決めたので原理を理解し上手くまとめるためには物理化学においてその二つの使いこなしが必要不可欠ですし…