診断に至るまで

前回よりだいぶ時間が開いてしまいましたorz。ここのところ発達障害関連のイベントが多くやっと落ち着いて物事に取り組める時間が出来ました。

先日は発達障害当事者会フォーラムにパネリスト団体枠で入場。

政治、行政面からの発達障害当事者へのアプローチが増えつつあるのを実感しました。

当事者会同士でのパネル・ディスカッションなどもありましたが口渇がひどく

また、まぁ当然じっとしているのは耐えられず会場内をウロウロとしていました。

様々な当事者団体や就労移行支援のPRコーナーが印象的でした。

今度Neccoさんの当事者会参加したいと思います。(よろしくお願いします)

 

さて、本題の通り診断に至るまでの道筋を書いていこうと思います。

大学を四年時に中退、半年以上実家の家業を手伝っていましたがあの震災のあった年父が突然急逝。事業が廃業になってしまいました。

様々な方々のお力添えにより現在の居住地に母ともども二人暮らしがスタートしました。

福祉のお世話になったためやっとメンタルクリニックにかかることを決意。

近くにある発達障害を見れるとwebで調べをつけたクリニックへ受診。

カウンセリングなどを受けましたが最初はうつ病とのことで治療がスタート。

しかしながら就労指導、就職活動などがプレッシャーとなりかなりの抑うつ状態は更に悪化の一途を辿っていきました。

半年ほどでやっと入社できた会社もいわゆるブラックでいきなりの出張研修、当然のような残業でしまった、失敗した・・・と感じました。

研修が終わった後は某電機企業の工場に派遣され通信機器などを組み立てていました。

最初は飲み込みが早かったことからプロパーにもなかなかの高評価を頂いていたと思います。残業夜勤を精力的にこなし夜勤シフトのリーダーにまでなることが出来ました。

新規製作製品のため改修作業が多くプロセス化されていない作業が殆どのためミスを多発。集中力のなさも他者から指摘されるのははじめてでした。

慣れと(今考えるとAD/HDから来る)ケアレスミスは増加をするばかりで段々と評価は左下がり。

ついに同じミスを立て続けに連発したところプロパーの上長から事実上の業務左遷をうけ完全に心が壊れてしまいました。

年が変わりだいぶ立ってからのことです、完全に疲れ切っていた私も年に一度の社内検定を受検しなくてはなりません。

この試験に落ちればクビという試験で私だけ落ちるという今までで一番ショックな出来事がありました。

当然次の月から会社都合で良いから辞めてくれという言葉が…「お前は細かい作業は向いていない、頭を使った仕事のほうがいいだろう」という褒めているのかなんというかそんな言葉をいただき退職に至りました。

それからも通院を続けながら求職していましたがなかなか見つからず、ついに精神保健福祉手帳を取ることに。

カウンセリングで自分の特性についてマシンガントークしたのち頂いた診断書に主:うつ病 従:広汎性発達障害 と記載されやっと自分の特性は発達障害由来であると医学的心理学的に認められた!そんな変わった印象の自己受容でした。

次回は手帳交付からの自死失敗を書こうと思います。乱文雑文失礼いたしました。